categories

recommend

002 春過ぎて   --- 持統天皇

0
    春過ぎて夏来にけらし白妙の 衣干すてふ天の香具山
    - 新古今和歌集 夏の部 -

    部立:夏

    3字きまり

    はるぎてなつきにけらししろたえの ころもすちようあまのかぐやま


    「夏来にけらし」けらしはけるらしの約、夏が来たらしい。
    「白妙の」白い布。枕詞として用いられることもある、白妙の富士の高嶺・・・。
    「衣干すてふ」てふはちょう、というの約、衣(着物)を干すという。


    春が過ぎて、いつしか夏が来たのであろう。天の香具山あたりに、白い布の着物が干してあるのが、点々と見えている。
    ---夏が近づいて来たので急いで、白い衣服を取り出して干すという、その時代の国民の簡素な生活がしのばれる歌。


    作者の持統天皇は、天智天皇の皇女うのさら皇女。天武天皇の皇后で、天武天皇崩御の後をついで第41代の天皇になられた。
    天智天皇が亡くなられて後、日本の皇室には、大きな悲劇が起こった。天智天皇は、はじめ皇弟大海人皇子(後の天武天皇)を皇太子に立て、鸕野讃良皇女を皇太子妃とされたが、まもなく大友皇子が代わって皇太子となり、天皇の崩御によって第39代弘文天皇となられた。
    やがて大海人皇子との争いとなり、弘文天皇は敗れて崩御、大海人皇子が即位して天武天皇となられ、鸕野讃良皇女は皇后となられた。鸕野讃良皇女と弘文天皇は姉と弟の間でありながら、敵、味方に別れて争った。この事件が壬申の乱として史上に残されている。
    天武天皇の崩御についで皇太子の草壁皇子も亡くなられたので、皇后が即位して持統天皇となられ、在位10年で皇孫文武天皇に位を譲られた。
     

    PR


    コメント
    コメントする