categories

recommend

005 奥山に    --- 猿丸太夫

0
    奥山に紅葉ふみわけ鳴く鹿の 声聞く時ぞ秋は悲しき
    - 古今和歌集 秋の部 -

    部立:秋

    2字きまり

    やまにもみじふみわけなくしかの きくときぞあきはかなしき


    「奥山に」奥山は人里はなれた深山、山奥。奥山には下の鳴くにかかるとも、聞くにかかるともとれる。
    「紅葉ふみわけ」紅葉をふみわけるのは、鹿であるとも、作者であるともとれる。
    「秋は悲しき」秋はわびしく、ものさびしい季節といわれる。この歌では、わびしいとか、さびしいとかいわないで、悲しいに飛躍して、妻恋う鹿の声によせる作者の悲しい恋が秘められている。


    秋はさびしいときであるが、奥山で紅葉をふみわけて鳴く、あの鹿の声をきく時は更にさびしく悲しい思いをする---紅葉をふみわけるのが鹿であるとすれば、こういう意味になる。紅葉をふみわけるのが、鹿でなく作者自身とすれば、
    深い山の奥にいて、紅葉の吹き散っている山路を歩いている時、ふと妻を恋慕って鳴く鹿の声を聞くと、秋のあわれを身にしみて悲しい思いが溢れてくる---妻を求めて鳴く鹿の声によせて悲しい恋を歌っている歌ということになる。


    この歌の作者 猿丸太夫についても、その伝記に異説があって「古今和歌集」には、この歌は「読人知らず」として載せられている。
    奈良時代のおわりから、平安時代のはじめに実在したともいわれるが、伝説中の人と見ていい。
    「古今集」秋の部には、鹿をよんだ次の歌もある。
    「ゆう月夜小倉の山に鳴く鹿の声のうちにや秋は暮るらん」(紀貫之)
    「山里は秋こそとにわびしけれ鹿の鳴く音に目をさましつつ」(壬生忠岑)
     

    PR


    コメント
    コメントする